地図中心2021年01月号 通巻580号

「地図中心」デジタル版はこちらをご覧ください

総特集 日本放水路物語

放水路類型考 知花 武佳 / 2
用語コラム 放水路・捷水路・導水路 石田 和也 / 4
地下にある河川管理施設(地下河川、地下調整池) 中須賀 淳 / 5
①石狩川〜石狩川捷水路・放水路群とそれにまつわるエトセトラ〜 武田 淳史 / 6
②北上川分流施設群〜「先人の地を見る力」を学び、楽しむ〜 後藤 光亀 / 9
③利根川東遷〜赤堀川開削と東日本台風〜 三橋 さゆり /12
④荒川放水路ショートショート 早川 潤 /15
⑤首都圏外郭放水路 盒供\擬 /18
⑥信濃川〜大河津分水路と関屋分水路〜 室永 武司 /21
⑦いのちとくらしを守る狩野川放水路 栗山 康弘 /24
⑧地名も付替え大和川 里村 真吾 /27
⑨湊川隧道〜悠久の時を経て、現代に残る近代土木遺産〜 小林 瑛輔 /30
⑩歴史を刻む放水路 旭川放水路百間川 前野 詩朗 /33
⑪広島の大動脈・太田川放水路 入川 直之 /36
⑫鉄穴流しによる天井川・斐伊川 坂本 泰正 /39
⑬放水路、それは仁淀川流域独特の「低奥型地形」の克服のための切り札 多田 直人 /42
⑭高尾川の2階建て河川 松延 康貴 /45
⑮矢部川の廻水路 松延 均 /47


連載

新刊地形図案内 /48
日本地図センター便り・今月新刊の見どころ! /49
編集後記・次号予告 /50
地図書窓・日本地図センター便り /52

次号予告

「長大なる中央構造線」
中央構造線は、西南日本を内帯と外帯に分ける地質構造上の大断層で、長さ1,000km以上にわたって延びます。
活断層としては中央構造線断層帯とよび、金剛山地東縁〜由布院の全長約444kmの長大な断層です。
中央構造線を地図でたどると!?

月刊 地図中心

定価 880円(税込)

※2018年10月号から880円(税込)になりました。

規格 A4版・48ページ・カラー (500号は64ページ)
発行 (一財)日本地図センター

「地図中心」バックナンバー

» 最新刊はこちら