地図中心2020年02月号 通巻569号

「地図中心」デジタル版はこちらをご覧ください

特集 小さな村g7サミット

小さな村g7サミット 7つの一番小さな村に辿り着くまで 小村 幸司 / 3
ど田舎を目指そう!北海道で一番小さな村の小話 加藤 直樹 / 5
福島県の西南端、ここは檜枝岐村 星 旭 / 8
日本でここだけ! 丹波山村の正月奇祭「御松曳」 小村 幸司 /11
全国唯一の物語の村へようこそ 小林 賢司 /14
地図から読み取る小さな村 「新庄村」のプライド 千葉 智明 /17
住民主体の「さくら祭」で村おこし!日本最少人口・高知県大川村 和田 将之 /20
九州の小さな村=五木村から始まる地域づくり 黒川 麻里子 /23
 

連載

《田代博の展望図採点紀行 50》文京シビックセンター 田代 博 /26
《古地図ワンバイワン 185》象頭山金毘羅全図 山下 和正 /28
《脳内散歩地図 115》首都圏の治水を考える その2 江川 達也 /30
《日本風穴紀行 85》風穴サミットからその後 信州小諸の氷風穴 清水 長正 /34
《歴史舞台地図追跡 59》家康以前の江戸前島と日比谷入江(その丗) 谷口 榮 /36
《日本列島1/20万 瞰々諤々 53》電子地形図20万 「石垣島」 松田 磐余 /38
《地図を片手に大地を駆ける 51》イギリスと日本のOMM 小泉 成行 /40
《ベクター地歴地図孤軍奮闘記 28》時間と空間のレイヤー群 小島 豊美 /42
《地図教育の道具箱 22》
  授業で使える岐阜県図書館所蔵地図について(第3回)
岐阜県図書館
地図活用委員会
/44
《地図心中 復活版 2》 地図のない国?! モンゴル道中記 高橋 美江 /46

新刊地形図案内 /48
日本地図センター便り・今月新刊の見どころ! /49
編集後記・次号予告 /50
地図倶楽部 /52

次号予告

「堀淳一の地図ワールド」
堀淳一さん(1926〜2017)は、日本の地図エッセイストの草分け。1972(昭和47)年に『地図のたのしみ』で日本エッセイストクラブ賞受賞。
『北海道 地図の中の廃線 〜旧国鉄の廃線跡を歩く追憶の旅』(2017)が絶筆です。
堀さんの著書で、地図の魅力に目覚めた方も多いのではないでしょうか。「地図中心」読者の方の書棚には、堀さんの本が、もしかしたら何冊も並んでいるのかも。
堀淳一の地図ワールドに旅立ちましょう!

月刊 地図中心

定価 880円(税込)

※2018年10月号から880円(税込)になりました。

規格 A4版・48ページ・カラー (500号は64ページ)
発行 (一財)日本地図センター

地図中心2020年02月号(通巻569号)

880 円(税込)

数量