地図中心2022年9月号 通巻600号

総特集 新も旧も潟も砂丘も新潟市

本州日本海側最大の都市、新潟市。信濃川河口部に位置する立地条件、江戸期からの重要港であり明治元年に開港した歴史的背景、そして幾度も発生した自然災害と復興。日本の近代化の縮図のように多くのステップを越えて、現在の街並みに至った新潟市を、本誌通巻600号で総特集します!!

特集
日本海縦断国土軸と横断国土軸の結節都市・新潟市 戸所 隆
新潟のまちなみ今昔観 野内 隆裕
新潟砂丘−知られざる地形の今− 澤口 晋一
新潟市とその周辺の地形 小泉 武栄
新潟付近の鉄道路線網の形成 今尾 恵介
日本一の大河 信濃川流域を守る2つの分水 小川 純子
新潟市鳥瞰図 吉田初三郎筆 編集室
地形段彩図
 2007(平成19)年
 2003・2004(平成15・16)年
 1983(昭和58)年
 1968(昭和43)年
 1960(昭和35)年
 1945(昭和20)年5月25日
 1937(昭和12)年
 1931(昭和6)年
 1921・1924(大正10・13)年
 1913(大正2)年
 1911(明治44)年
 1900・1901(明治33・34)年
 1890・1891(明治23・24)年
新刊地形図案内
今月新刊の見どころ!・編集後記
地図書窓・次号予告

仕様

価格 880円(税込)※バックナンバー499円(税込)〜
サイズ A4版・カラー・48ページ(500号は64ページ)
発行 (一財)日本地図センター

商品リスト

最新刊はこちら

地図中心2022年9月号 通巻600号

880円(税込)

バックナンバー