地図中心2024年4月号 通巻619号

総特集 縄文海進 自然×考古−過去の地球温暖化に学ぶ−

今から7000〜6000年前ごろ、温暖化によって現在より海面が数m高くなった現象が「縄文海進」。陸地奥深くへ海が浸入した温暖期に住まう縄文の人たちは、どのように暮らしていたのでしょうか? 地形と考古の両面から縄文海進を紐解きます。

総特集
縄文海進と地形−関東平野と濃尾平野を中心に−       遠藤 邦彦・須貝 俊彦
縄文海進と地形−関東平野を中心に−           遠藤 邦彦
コラム1 マガキとマガキ礁                野口 真利
コラム2 “沖積層の器”の形成から縄文海進の進入へ    杉中 佑輔
供デ使平野の縄文海進と沖積層              須貝 俊彦
コラム3 濃尾傾動運動と第四紀の海進海退サイクル     須貝 俊彦
縄文時代の枠組み                     黒尾 和久
奥東京湾の貝塚文化−東京低地につくられた巨大貝塚・中里貝塚− 安武 由利子
東京と縄文海進 谷口 榮
新刊地形図案内
今月新刊の見どころ!・日本地図センター便り
編集後記・次号予告
書窓

仕様

価格 880円(税込)※バックナンバー499円(税込)〜
サイズ A4版・カラー・48ページ(500号は64ページ)
発行 (一財)日本地図センター

商品リスト

最新刊はこちら

地図中心2024年4月号 通巻619号

880円(税込)

バックナンバー

» 年度で絞り込む