2021年新作(全17種)

商品リスト

このページでは製作された地図扇子の中でも発売日が新しいものを取り上げています。地形図は定期的に更新されており、その都度廃図が生じています。今後もその中から図柄を厳選して今後も地図扇子を制作してしていきます。
図取り(図葉のどの部分を切り出したか)は『地図インフォ』地図扇子位置図で確認することができます。商品案内・図取りの見どころと合わせて是非ご覧ください。

NEW室蘭東北部

商品案内・図取りの見どころ

室蘭は室蘭でも室蘭東北部は、読んで字のごとく室蘭の東北部に当たるわけですが、ちょうど絵鞆半島の付け根に位置します。 この半島はいわゆる陸繋島で砂州の部分に製鉄所があります。この製鉄所は社名が変わり、 旧字体も使われなくなって現在では「日本製鉄室蘭製鉄所」という注記が入っています。 また将来的には「日本製鉄北日本製鉄所室蘭地区」になる予定だとか。時代の移り変わりを映すのは地形図の醍醐味かもしれません。

NEW夕張

商品案内・図取りの見どころ

図の右側には夕張市の中心部があって、現在では廃線となってしまった石勝線夕張支線があります。 この夕張支線を入れる事に情熱を全振された結果、夕張炭鉱関連の施設とか坑口があったところとかそういうのは入っていません。 左側3分の1はもはや夕張市でもなく....夕張支線を愛でられる方向けの図取りです。

NEW刈谷

商品案内・図取りの見どころ

この「刈谷」は左に90度回転させた状態で、衣浦(きぬうら)港が入るようなレイアウトになっています。 しかしこれでも衣浦港の一部でしかありません。港をはさんで8つの自治体があるほど細長いのです。 港の西岸を走る武豊線は物資輸送のために建設されたもので、完成は東海道本線よりも早かったそうです。

NEW浜田

商品案内・図取りの見どころ

浜田は島根県西部の都市で、中国地方の出雲以西の日本海側は背後に山地が迫っているので、平坦なところが非常に少ない印象を持ちます。 湾の中央付近の南北に延びる防波堤から馬島東端にかけてのラインを境界として、西半分が浜田商港、東半分が浜田漁港とに分かれます。 港の記号の違いにも表れていますね。浜田漁港は全国に13港しかない、 水産業の振興のために特に重要であるとして政令で定められた「特定第3種漁港」の1つであり、アジ・ノドグロ・カレイなどの豊富な水揚げを誇ります。

NEW武留路山(長崎空港)

商品案内・図取りの見どころ

武留路(むるろ)山は、標高341.3mの円錐状のきれいな山で...ってこの扇子には入ってませんね。 副題にあるように図の左側に洋上空港の長崎空港があります。長崎空港のホームページによると、 「長崎県の中央に位置する大村湾に浮かぶ箕島を埋め立てた世界初の海上空港として、1975(昭和50)年に誕生しました。」とのこと。 既存の島を利用しているあたりは、関西国際、中部国際、神戸、北九州とは違いますね。 陸側にある長崎空港の注記部分は現在、航空自衛隊基地となり大村飛行場と名を改めて運用されています。

NEW川平(石垣島)

商品案内・図取りの見どころ

川平湾は石垣島北西部にある景勝地です。一帯は「川平湾及び於茂登岳」という名前で名勝に指定されています。 於茂登岳は川平湾から少し南東に離れているので、名勝の注記も中間点付近にあって、図取り内で見切れてしまっています。 川平湾内には隠顕岩が描画されており、潮の満ち引きで岩が露出することを示しています。その干満差が海の色合いを変えて非常に美しいそうです。 そんな風景を思い浮かべながら仰げば涼くなるでしょうか?

NEW三条

商品案内・図取りの見どころ

新幹線の駅名は「燕三条駅」、関越自動車道のICの名前は「三条燕IC」。 どちらも燕市と三条市の市境付近にあって、どちらの名前が先にでるか...設置当初のエピソードも色々とあるようです。 しかしながら図名は三条のみ。 図名はゝ鐔暫鰐召涼罎任發辰箸眞名なもの、行政名または著名な山岳、湖・池、原野、浜、岬等の名称、N拈椶涼老楚淕召亡慙△気擦震松痢 の優先順に適宜選定されますが、図郭内の面積は三条市側が広くそちらが選定されたのかもしれません。

NEW成田

商品案内・図取りの見どころ

図取りした中央部に成田山新勝寺があります。地名注記があるようにここが成田市の中の成田ということになります。 東「京」と「成」田を結ぶ京成電鉄は元は京成成田駅まででしたが、図右端にある新東京国際空港(成田空港)の開港後しばらく経って空港への乗り入れが実現しました。

NEW佐倉

商品案内・図取りの見どころ

西の長崎、東の佐倉の佐倉市中心部がおさまっている図取りで、右側には佐倉城の跡地があり明治百年記念事業の一環として建設された国立歴史民俗博物館があります。 また左側にはニュータウンのユーカリが丘がおさまっています。 図取りが、やや左に傾いて切り抜かれた理由は「ユーカリが丘線」の注記を入れたいがためではないかとそんな隠れた熱意を感じさせます。

NEW東京西部(新宿)

商品案内・図取りの見どころ

東京西部も2回目の登場になります。初めて出たのは地図扇子の第一弾。作成した本数も少なく稀少な品でした。 今回は東京西部から2種類発売します。こちらは新宿駅を中心とした図取りになっています。 甲州街道が皇居の半蔵門から西に向かって伸びている様子が見て取れます。 他にも赤坂御用地や新宿御苑、東京都庁などランドマークも多数おさまっております。

NEW東京西部(池袋)

商品案内・図取りの見どころ

東京西部は今回、新宿と池袋の2箇所用意しました。池袋の方は池袋駅を中心にした図取りで、右側には東京ドームや小石川植物園など文京区の著名な施設があります。 この図取りだと大学の注記がいたるところにあって、その他各種学校を示す【文】の字も数多見ることができます。

NEW東京南部(令和元年版)

商品案内・図取りの見どころ

廃図になりたてほやほやの東京南部。わずか2年足らずで新刊刊行となりましたが、これほどの更新頻度は稀です。 それだけ東京オリンピック開催へ向けて東京都沿岸部は競技施設が建てられるなど変化が著しい地域であるということを意味しています。 昨年発売した東京南部との違いは、中央卸売市場ができていることや、新交通ゆりかもめの駅名が変更されていること等色々とあるようです。

NEW伏木

商品案内・図取りの見どころ

北陸地方の重要港「伏木富山港」は、ユーラシア大陸とも交易が盛んな国際的にも大変重要な港です。 高岡市の伏木地区は古代から栄えた港町でもあり越中国の国府が置かれていました。 万葉集の編者とされる大伴家持が国守として赴任していた時の歌が万葉集に多く残されており「万葉の里」としても有名です。

NEW犬山

商品案内・図取りの見どころ

国宝犬山城は国内でも数少ない現存天守を持つ城で、天守は高塔記号で描かれています。 現在の高塔取得基準だと「概ね60m以上のもの」ということになっているので、現在では堅ろう建物として、城の台座の形が取得されて表現されています。

NEW米子

商品案内・図取りの見どころ

中海の南東部、弓ヶ浜半島の付け根が収まった図取りとなっています。 図の中央にある水鳥公園は高度経済成長期に始まった国営中海土地改良事業の一環として、西側の彦名新田同様、干拓農地とするために作られた池でしたが、 平成に入り、市民運動によりコハクチョウの生息地として保護されることとなりました。 平成17年より中海、及び隣の宍道湖はラムサール条約登録湿地となっています。

NEW平戸

商品案内・図取りの見どころ

平戸島の平戸港は、古くは遣隋使・遣唐使の寄港地として利用され、元寇の際には元軍は平戸へも来襲したとされます。 西欧諸国が日本に来訪した際も貿易拠点として重要な要衝でした。

NEW佐世保南部

商品案内・図取りの見どころ

佐世保港は佐世保湾の北側に位置しており、米軍施設の他に大きな造船所があって大小いくつもの乾ドックがあることがわかります。 一見してかなり大きなドックもあって、パナマックスサイズの船舶もここで作られるのでしょうか。 乾ドックの地図表現に関してドック内は白抜きで表現されていますが、現在は内水面として表現されているので、 あたかも水が張っているかのように見えます。内水面と海面の境には水門の記号が描かれています。

製品情報

商品名 地図扇子
価格 880円(税込)
長さ 約21cm
重さ 約23g
材質 扇面(地紙):地図用紙
骨(親骨、中骨):竹製
制作 (一財)日本地図センター

商品リスト