国土地理院撮影の空中写真

初めにお読みください

  • 本製品は受注生産のため、ご注文後発送まで5〜10営業日程度かかります。またご注文後のキャンセルはできません。
    注文受付から発送までの目安はこちら→11月注文受付12月注文受付←をご覧ください。
  • 撮影記録証明は印画紙の空中写真にのみ発行することができます。また、発行は購入時にしかお申込みいただけません。
  • デジタル画像データの空中写真はCD-R/DVD-R等の光学メディアに収録してのご提供となります。オンライン提供はしておりません。
  • 購入予定の空中写真のご利用に地形判読や写真測量などの実体視を伴う場合は、事前にご連絡いただきますようお願い申し上げます。

商品概要

空中写真は、家屋・道路・河川・森林などの地物を省略することなく写しており、 豊富な情報量を持ちます。国土の利用、保全、防災、その他各種計画・調査、学術研究、学校教育等に広く利用されており、年代ごとの記録保存という点でも大きな役割を果たしています。 国土地理院撮影の空中写真は印画紙、及びデジタル画像データでのご提供をしています。画像データは、空中写真1枚が1ファイルとなっており、フォーマットはTIFF形式、解像度及びカラー・モノクロを選択可能です。 国土地理院では、平成19年度より、空中写真撮影にデジタル方式の航空カメラを採用しました。これに伴い、平成19年度以降撮影の空中写真は、数値空中写真として刊行されます。

国土地理院撮影の空中写真はこちらからお探しいただけます。

モノクロ(白黒)空中写真

モノクロ空中写真は、‐赦22年〜23年頃(米軍撮影)及び昭和39年以降に撮影した国土全域の縮尺4万分1の写真、⊂赦35年以降、5年から10年周期で撮影している全国の平野部及び周辺地域の縮尺2万分1〜2万5千分1(都市地域の一部は1万分1)の写真 、昭和19〜24年、37年、39年米軍が撮影した特殊サイズの写真(沖縄本島の一部及び本土の一部地域)です。 なお、は国土地理院の「地図・空中写真閲覧サービス」ではUSAwideとして表示され、提供形態は、1枚の写真を2分割した写真での提供となります。

カラー空中写真

カラー空中写真は、モノクロ空中写真に比べて情報量が多く、市街地や農地の土地利用、植生あるいは道路、建物等各施設の状態を容易に判読することが可能です。 昭和49年から53年にかけて全国撮影が行われ、以降は経年変化の激しい地域(関東、中部、近畿、中国、九州北部等)について、順次再撮影が行われています。 平野部は8千分1〜1万分1、丘陵地・山岳部は1万分1〜1万5千分1の撮影縮尺です。

撮影記録証明について

国土地理院撮影の空中写真には、国土地理院が撮影したこと、及び撮影日を示す証明書を有料で発行することができます。空中写真撮影記録証明書は、各種申請・届出等に使用される場合に必要となることがあります。 改ざん可能性の観点から、画像データの空中写真には発行することはできません。また、購入後に発行することはできませんので、提出先に証明書の要否をご確認してから空中写真の購入申し込みをされることをお勧めいたします。 撮影記録証明書は一般財団法人日本地図センターが発行を行い、空中写真の裏に貼り付けてお届けいたします。

※この「撮影記録証明書」は、米軍撮影の空中写真にも発行することができます。但し、沖縄地区については、ほとんどが対象外となっていますので、発行を希望される場合は、事前に日本地図センター空中写真部にお問合せをお願いします。



発行手数料:1枚につき770円(税込)

製品ラインナップ

全体出力印画 および 画像データ

「全体出力印画」は等倍(1倍)あるいは全体を(2〜4倍)引き伸ばして印画出力した空中写真です。
「画像データ」はTIFF形式のデジタルデータです。
写真1枚で広範囲を撮影しているため、細かい確認作業には向いておりません。

部分出力印画

「部分出力印画」は、一枚の空中写真の特定の範囲を部分的に引き伸ばした写真です。
撮影された写真の原縮尺に対して10倍まで(米軍撮影のものは6倍まで、陸軍撮影のものは不可)引き伸ばすことができます。
宅地確認等の用途で空中写真をご検討の場合はこちらが便利です。

正射出力印画 および 正射画像データ

「正射出力印画」は、40cm×40cm印画紙に焼き付けた写真です。
「正射画像データ」はTIFF形式のデジタルデータで、ワールドファイル(BL)が付いています。
航空機で撮影した空中写真は、写真の中心から離れた位置や標高が高い位置にはひずみが生じていますので、そのままでは地図と重なりません。 空中写真のひずみを除去して地物の大きさと位置を正しく変換したものを正射(オルソ)空中写真と呼んでいます。

正射画像データの出力印画サービス

「正射画像データの出力印画サービス」は、「正射出力印画」が1/2500で40cm四方と定型サイズに対して、正射画像データを購入いただき4種類の用紙の何れかに希望の縮尺で出力するものです。
複数の画像データを接合して出力することもできます。

製品情報

使用カメラの諸元

デジタルカメラ
(UCDタイプ)
デジタルカメラ
(DMCタイプ)
デジタルカメラ
(UCX)
フイルムカメラ
地上解像度 概ね20cm、40cm
データ形式 非圧縮TIFF形式
画像サイズ 23.00cm×15.00cm 27.64cm×15.36cm 28.86cm×18.83cm 23.00cm×23.00cm
画素数(ピクセル) 11,500×7,500 13,824×7,680 14,430×9420 11,500×11,500
画像容量 246MB(8ビット) 303MB(8ビット) 395MB(8ビット) 378MB(8ビット)

問い合わせ先

空中写真・空中写真の購入方法に関してご不明な点は下記窓口にお問合せください。


一般財団法人日本地図センター 空中写真部
〒305-0821 茨城県つくば市春日3-1-8
TEL 029-851-6657 FAX 029-852-4532
E-mail: