「軽井沢(旧軽)」

商品案内

もともと中山道の宿場町だった軽井沢。明治時代にカナダ人宣教師が別荘を開設して以来、外国人、著名人の別荘地として発展してきました。 鉄道が開通して以降、新たな中心地となった駅周辺を「新軽井沢」と呼ぶようになったことから、古くからの宿場町周辺を「旧軽井沢」と呼ぶようになったそうです。 駅周辺でも標高が1000m近くあり、夏でも涼しく、首都圏からほど近い避暑地として人気があります。

地図扇子(軽井沢(旧軽))

880 円(税込)

△残りわずか
数量