地図扇子 「中部」(全17種類)

商品概要

ここでは中部地方の図柄を取り上げた地図扇子を並べています。
(※弊社都合により山梨県・長野県は中部地方に分類しております。)

図取り(図葉のどの部分を切り出したか)は『地図インフォ』地図扇子位置図で確認することができます。商品案内・図取りの見どころと合わせて是非ご覧ください。

NEW「名古屋北部」

商品案内・図取りの見どころ

西端から順に中部地方最大のターミナル駅である名古屋駅、徳川家康が築城した尾張徳川家の居城である名古屋城、中日ドラゴンズの本拠地ナゴヤドームがおさまっています。 また道路関係で、日本でも珍しいガイドウェイバス、ゆとりーとラインも描画されています。 名古屋城の南東部から南北に伸びる久屋大通は戦後の都市計画で生まれたいわゆる100m道路の1本ですが、中央部分が公園となっているため、道路でありながら植生記号が入っています。

●購入画面へ進む▼商品リストへ進む▲ページの先頭に戻る

NEW「名古屋南部」

商品案内・図取りの見どころ

図の左側に熱田神宮があります。織田信長が桶狭間の戦いの前に戦勝祈願をしたところです。 戦の後、お礼として奉納された土塀(信長塀)が、地図記号の擁壁(小)で描画されています。 図の右側、名古屋中心部から東方向にある丘陵地で東山と呼ばれる地域に名古屋大学があります。 海にほど近い熱田神宮から丘陵地の名古屋大学まで、たどってどの程度の傾斜で標高差があるでしょうか。

●購入画面へ進む▼商品リストへ進む▲ページの先頭に戻る

「三島」

商品案内・図取りの見どころ

東海道新幹線と東海道本線が並走しており、三島駅で合流する図柄です。 この図内にちょっと珍しい地名があるのをご存知でしょうか。図の右側に「新幹線」という地名注記が見られます。 これは現在の東海道新幹線にちなむものではなく、戦前の弾丸列車という計画があった時の工事に携わった方々の居住地に由来しているそうです。 この地区には地区名を冠した「新幹線公民館」という公民館もあります。

●購入画面へ進む▼商品リストへ進む▲ページの先頭に戻る

三島

「小諸」

商品案内・図取りの見どころ

ほぼ中央に千曲川両岸の河岸段丘が見られます。 等高線だけだと段丘の様子がわかりにくいかもしれませんが、地形図上で高さごとに色を塗ってみると段丘の様子がわかりやすくなると思います。 しなの鉄道は、この付近から長野方面に向けて、しばらく千曲川と並走しますので、車窓から段丘の様子が眺められるかもしれません。

●購入画面へ進む▼商品リストへ進む▲ページの先頭に戻る

小諸

「大垣」

商品案内・図取りの見どころ

図右側の大垣城は天下分け目の関ヶ原の戦いを前にして西軍の拠点となった城です。 また大垣の地は俳人松尾芭蕉の「おくのほそ道」むすびの地として知られています。 その他この図では東海道本線の垂井線・新垂井線・美濃赤坂線、東海道新幹線・養老鉄道養老線・(樽見鉄道)といったいくつかの鉄道が入るよう図取りされています。

●購入画面へ進む▼商品リストへ進む▲ページの先頭に戻る

大垣

「軽井沢(旧軽)」

商品案内・図取りの見どころ

もともと中山道の宿場町だった軽井沢。明治時代にカナダ人宣教師が別荘を開設して以来、外国人、著名人の別荘地として発展してきました。 鉄道が開通して以降、新たな中心地となった駅周辺を「新軽井沢」と呼ぶようになったことから、古くからの宿場町周辺を「旧軽井沢」と呼ぶようになったそうです。 駅周辺でも標高が1000m近くあり、夏でも涼しく、首都圏からほど近い避暑地として人気があります。

●購入画面へ進む▼商品リストへ進む▲ページの先頭に戻る

軽井沢(旧軽)

「韮山」

商品案内・図取りの見どころ

内浦湾には、養殖場の記号が数多くみられます。ここでは主に真アジが養殖されており、その生産出荷量は日本一だそうです。 もうひとつ。この扇子のもとになった図名は「韮山」です。 「韮山」と聞いて真っ先に思いつくのは、世界遺産にも登録されている「韮山反射炉」ではないでしょうか。この扇子にもしっかり入っています。どのあたりにあるか、探してみてください。

●購入画面へ進む▼商品リストへ進む▲ページの先頭に戻る

韮山

「槍ヶ岳」≪完売≫

図取りのこだわり

図の左側には、槍ヶ岳を中心に東西南北の稜線が描かれています。北鎌尾根、西鎌尾根の注記があります。南は大喰岳、中岳まで出ています。東鎌尾根の注記は残念ながらカットされています。右側は、大天井岳から常念岳まで綺麗に入っています。絶妙の図取りと自画自賛しています。大天井岳からは表銀座コースの一部が赤岩岳の手前まで描かれています。東鎌尾根までつなぐことができないのはいかんともしがたいところです。喜作新道の注記があるのでご容赦ください。

●≪完売≫▼≪完売≫▲ページの先頭に戻る

槍ヶ岳 槍ヶ岳   

「穂高岳」

図取りのこだわり

穂高岳の各ピークは皆入っています。北穂高岳、奥穂高岳、前穂高岳、西穂高岳です。東側は蝶ヶ岳がギリギリですが入っています。奥穂高岳に登る一般的なコースである横尾から涸沢のルートが綺麗に収まっています。これがあれば左団扇で・・・というわけにはいきませんが、涼をとるだけでなく、文字通りルートの確認という実用的に役立つ図取りになっています。岳沢からのルートもよくわかります。

●購入画面へ進む▼商品リストへ進む▲ページの先頭に戻る

穂高岳 穂高岳   

「八ヶ岳西部」

図取りのこだわり

八ヶ岳の主峰があるのがこの図幅です。北から硫黄岳、横岳、赤岳、阿弥陀岳、権現岳、編笠山などがあります。しかし、図の右側に寄っているため、図取りはこれが限界でした。権現岳がギリギリ覗いています。行者小屋から上に赤岳鉱泉(ここには記載なし)に通じる登山道が走っています。美濃戸方面に向かう登山道は、阿弥陀岳の御小屋尾根(注記なし)を含めしっかり描かれています。建物は総描されていないので、図の左側の別荘地の建物(赤の点在)が特徴的な表現になっています。

●購入画面へ進む▼商品リストへ進む▲ページの先頭に戻る

八ヶ岳西部 八ヶ岳西部   

「八ヶ岳東部」

図取りのこだわり

この図幅には八ヶ岳の山頂は入っていません。従ってこの図にも山に関しては、県境尾根と真教寺尾根(ここには記載なし)の一部と牛首山の注記がある程度です。しかし、鉄道マニアには見逃せない内容があります。鉄道最高地点(小海線)が入っているからです。また野辺山駅もあります。中央部の等高線間隔から、伸びやかな八ヶ岳の裾野を思い浮かべることもできるでしょう。

●購入画面へ進む▼商品リストへ進む▲ページの先頭に戻る

八ヶ岳東部 八ヶ岳東部   

「仙丈ヶ岳」

図取りのこだわり

図名になっている仙丈ヶ岳の名称は地図上には3つあります。仙丈ヶ岳、大仙丈ヶ岳、小仙丈ヶ岳です。3つとも表示してあります。この図には、実は大きな特徴があります。真北を上にするのではなく少し西に振っているのです。その理由は、右下をご覧ください。日本第2の高峰北岳を入れるためです。北岳は2004年に現地計測により標高が改訂され3192mから3193mになりました(測定点)。三角点は四捨五入すると3192mだったのですが、2014年に三角点標高の改訂を行い、3192.52mになりました。地形図には3192.5と記されています。なお、現地の説明盤は設置が2006年なので「三等三角点「白根岳」標高3192m」と記してあります。

●購入画面へ進む▼商品リストへ進む▲ページの先頭に戻る

仙丈ヶ岳 仙丈ヶ岳   

「鳳凰山」

図取りのこだわり

図名にふさわしく、鳳凰山(地蔵ヶ岳、観音岳、薬師ヶ岳)が中央に来る図取りになっています。この図幅の中央に鳳凰山があるので自然にこのようになります。地蔵ヶ岳から甲斐駒ヶ岳を結ぶ早川尾根はごく一部が見えています(高嶺など)。右下は千頭星山です。左側は、野呂川が斜めに走っています。広河原から大樺沢を上流部までたどることができます。白根御池小屋も出ています。

●購入画面へ進む▼商品リストへ進む▲ページの先頭に戻る

鳳凰山 鳳凰山   

「乗鞍岳」≪完売≫

●≪完売≫▼≪完売≫▲ページの先頭に戻る

「浅間山」≪完売≫

●≪完売≫▼≪完売≫▲ページの先頭に戻る

仕様

商品名 地図扇子
長さ 約21cm
重さ 約23g
材質 扇面(地紙):地図用紙
骨(親骨、中骨):竹製
図名 地図扇子「中部」
浅間山・穂高岳Ver1・穂高岳Ver2・乗鞍岳・槍ヶ岳
穂高岳Ver3・八ヶ岳西部・八ヶ岳東部・仙丈ケ岳・鳳凰山
三島・小諸・大垣・軽井沢(旧軽)・韮山
名古屋北部・名古屋南部
価格 880円(税込)

商品リスト

提供

一般財団法人 日本地図センター