応急復旧対策基図(DMデータ)オンライン

初めにお読みください

  • 本製品には表示ソフトは添付されません。GISユーザー等のプロ向け製品ですので、ご注意ください。
  • 応急復旧対策基図はDMデータです。印刷地図の刊行はございません。

商品概要

「応急復旧対策基図(DMデータ)オンライン」は、平成28年(2016年)熊本地震による地形の変化や仮設住宅の現況などを詳細かつ正確に反映した大縮尺数値地形図データです。 地図情報は公共測量標準図式に基づき、縮尺1/2,500の数値地形図データファイルとして整備されています。 本データには、公共測量標準図式数値地形図データ取得分類基準表に従い取得された行政界・交通施設・土地利用・地形等の項目が含まれています。このため、応急復旧対策だけではなく、今後の復興やまちづくりのための基礎資料など幅広い利用が可能です。 応急復旧対策基図の作成範囲は、熊本県熊本市から阿蘇市にかけて、9市町村(204㎢)です。
なお、国土地理院技術資料として公開されている公共測量ビューア・コンバータを利用することにより、数値地形図の表示確認、各種フォーマットへのデータコンバートを行うことができます。

製品情報

価格 178円(税込)/1ファイル
製品種別 1/2500数値地形図
図郭単位 数値地形図データファイル仕様(地図情報レベル2500)に基づく2kmx 1.5kmの矩形
座標系 世界測地系に基づく平面直角座標系(平成28年(2016年)熊本地震による修正を考慮済み)
形式 数値地形図データ(DM)
データ単位 1図郭1ファイル
データ分類項目 行政界・交通施設・建物・土地利用・地形など/td>
提供形態 オンライン提供のみ

データ仕様等

  • 全図葉の管理ファイルのダウンロード(CSVPDF
  • 数値地形図データの仕様、および取得項目に関する詳細については、作業規程の準則付録7公共測量標準図式(国土地理院Webサイト)をご覧ください。
  • 公共測量ビューア・コンバータについては、http://psgsv.gsi.go.jp/koukyou/public/sien/pindex.html(国土地理院Webサイト)をご覧ください。
  • 応急復旧対策基図の閲覧のみを目的とされる場合は、閲覧サイト(国土地理院Webサイト)をご覧ください。

問い合わせ先

◆データの内容に関する問い合わせ

地図の誤り、データの技術的質問等については、国土地理院Webサイト「ご意見・ご質問」の「地図・空中写真・地理調査に関するご質問」からお問い合わせください。

◆購入に関する問い合わせ

購入時のエラー、製品ファイルの欠損等については、以下までメールにてお問い合わせください。
E-Mail:net@jmc.or.jp