第4回1/20万自然環境情報図

自然環境保全基礎調査の主要項目の結果を都道府県別に図化。地域の自然を把握するための基礎情報図です。国立公園、国定公園、原生自然環境保全地域、自然環境保全地域の範囲も示されています。

商品概要

第4回調査は、巨樹・巨木林調査、河川調査、湖沼調査、海岸調査、海域生物環境調査の結果を掲載。鳥類の集団繁殖地・集団ねぐらの位置や中大型哺乳類9種の分布も収録。

なお、第3回と第4回では調査項目が異なっておりますのでご注意下さい。

内容

掲載項目 表示内容
巨樹・巨木林幹周(囲)600cm以上の樹木の位置。
原生流域面積1,000ha以上にわたり人工構造物の存在や森林伐採等、人為の影響の見られない流域(=原生流域)の範囲。
最下流遡上不可能地点河川調査の対象となった「主要な二級河川の幹川及び一級河川の支流等の中から選定した河川」において確認された「河川横断工作物」のうち、魚類の遡上を妨げる最も下流の横断工作物の位置。
魚類調査地点河川調査において「漁獲試験」が行われた地点。
自然性の高い連続する河川区間自然性の高い河川区間が10km以上連続する区間。
非改変湖沼湖沼調査において抽出された非改変湖沼の位置。
特定湖沼環境庁の定めた代表的な60の湖沼の位置。
自然海岸自然海岸の位置と、前回調査以降に消滅した自然海岸の位置。
干潟・藻場・サンゴ礁現存する干潟・藻場・サンゴ礁の位置と前回調査以降に消滅した干潟・藻場・サンゴ礁の位置。
鳥類の集団繁殖地・集団ねぐら現地調査とした茨城・栃木・千葉・埼玉・静岡・奈良・京都・大阪・兵庫における、サギ類・コアジサシ・ヒメアマツバメ・ツバメ類の集団繁殖地・集団ねぐらの位置。
哺乳類の分布中大型哺乳類9種(ニホンザル・ニホンジカ・ツキノワグマ・ヒグマ・ニホンイノシシ・キツネ・タヌキ・アナグマ・カモシカ)についての、調査協力者から寄せられた分布メッシュ(5kmメッシュ)。
魚類相河川調査及び湖沼調査によって得られた調査対象河川、湖沼ごとの魚種名。
※哺乳類の分布及び魚類相は裏面に掲載。

仕様

発行:環境庁
発行年:1995年
※北海道は支庁別に次の7地域に分かれています。
 北海道1(渡島・檜山・後志)
 北海道2(胆振・石狩・空知)
 北海道3(上川)
 北海道4(留萌・宗谷)
 北海道5(網走)
 北海道6(十勝・日高)

価格

価格(税込):864円〜1,080円

おすすめ関連商品

(デジタルデータ)

数値地図25000(土地条件)