地図扇子第4弾『山シリーズ』★「穂高岳」「槍ヶ岳」再入荷しました!★

商品概要

 国土地理院の地形図は、新刊が刊行されるとそれまで販売していた地形図は販売できなくなります。これを廃図といいます。 これまで廃図は、印刷の試し刷りに使われたり、マップMEMOに生まれ変わるなど、再利用してきました。
 廃図であるものの、地形図に使用されている紙はとても丈夫で破れにくいことから、美しい図柄を生かした「地図扇子」を作成し、販売することとしました。
  扇子は広げるとドーナツを半分に切ったような形になります。そのため限られた形の中で、図葉ごとに見どころを取り入れなければなりません。 今回は『山シリーズ』ということで、山岳展望に豊富な知識を持つ田代博氏(日本地図センター相談役)に図取りを依頼しました。図取りのこだわりは各商品の案内に載せていますので是非ご覧ください。
 作成した扇子は、「槍ヶ岳」「穂高岳」「八ヶ岳西部」「八ヶ岳東部」「仙丈ヶ岳」「鳳凰山」の計6種類です。名称は地形図の図名を採用しています。
 在庫には限りがございます。暑い日が続きますので涼を求めて、ぜひお買い求めください。
※予約販売はいたしません。
※画像は【範囲のイメージ】と【扇の要からみた鳥瞰図(カシミール3Dにより作成)】です。完全に一致するとは限りません。

地図扇子

※それぞれの画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

「槍ヶ岳」

図取りのこだわり

図の左側には、槍ヶ岳を中心に東西南北の稜線が描かれています。北鎌尾根、西鎌尾根の注記があります。南は大喰岳、中岳まで出ています。東鎌尾根の注記は残念ながらカットされています。右側は、大天井岳から常念岳まで綺麗に入っています。絶妙の図取りと自画自賛しています。大天井岳からは表銀座コースの一部が赤岩岳の手前まで描かれています。東鎌尾根までつなぐことができないのはいかんともしがたいところです。喜作新道の注記があるのでご容赦ください。

▲ページの先頭に戻る

槍ヶ岳 槍ヶ岳   

「穂高岳」

図取りのこだわり

穂高岳の各ピークは皆入っています。北穂高岳、奥穂高岳、前穂高岳、西穂高岳です。東側は蝶ヶ岳がギリギリですが入っています。奥穂高岳に登る一般的なコースである横尾から涸沢のルートが綺麗に収まっています。これがあれば左団扇で・・・というわけにはいきませんが、涼をとるだけでなく、文字通りルートの確認という実用的に役立つ図取りになっています。岳沢からのルートもよくわかります。

▲ページの先頭に戻る

穂高岳 穂高岳   

「八ヶ岳西部」

図取りのこだわり

八ヶ岳の主峰があるのがこの図幅です。北から硫黄岳、横岳、赤岳、阿弥陀岳、権現岳、編笠山などがあります。しかし、図の右側に寄っているため、図取りはこれが限界でした。権現岳がギリギリ覗いています。行者小屋から上に赤岳鉱泉(ここには記載なし)に通じる登山道が走っています。美濃戸方面に向かう登山道は、阿弥陀岳の御小屋尾根(注記なし)を含めしっかり描かれています。建物は総描されていないので、図の左側の別荘地の建物(赤の点在)が特徴的な表現になっています。

▲ページの先頭に戻る

八ヶ岳西部 八ヶ岳西部   

「八ヶ岳東部」

図取りのこだわり

この図幅には八ヶ岳の山頂は入っていません。従ってこの図にも山に関しては、県境尾根と真教寺尾根(ここには記載なし)の一部と牛首山の注記がある程度です。しかし、鉄道マニアには見逃せない内容があります。鉄道最高地点(小海線)が入っているからです。また野辺山駅もあります。中央部の等高線間隔から、伸びやかな八ヶ岳の裾野を思い浮かべることもできるでしょう。

▲ページの先頭に戻る

八ヶ岳東部 八ヶ岳東部   

「仙丈ヶ岳」

図取りのこだわり

図名になっている仙丈ヶ岳の名称は地図上には3つあります。仙丈ヶ岳、大仙丈ヶ岳、小仙丈ヶ岳です。3つとも表示してあります。この図には、実は大きな特徴があります。真北を上にするのではなく少し西に振っているのです。その理由は、右下をご覧ください。日本第2の高峰北岳を入れるためです。北岳は2004年に現地計測により標高が改訂され3192mから3193mになりました(測定点)。三角点は四捨五入すると3192mだったのですが、2014年に三角点標高の改訂を行い、3192.52mになりました。地形図には3192.5と記されています。なお、現地の説明盤は設置が2006年なので「三等三角点「白根岳」標高3192m」と記してあります。

▲ページの先頭に戻る

仙丈ヶ岳 仙丈ヶ岳   

「鳳凰山」

図取りのこだわり

図名にふさわしく、鳳凰山(地蔵ヶ岳、観音岳、薬師ヶ岳)が中央に来る図取りになっています。この図幅の中央に鳳凰山があるので自然にこのようになります。地蔵ヶ岳から甲斐駒ヶ岳を結ぶ早川尾根はごく一部が見えています(高嶺など)。右下は千頭星山です。左側は、野呂川が斜めに走っています。広河原から大樺沢を上流部までたどることができます。白根御池小屋も出ています。

▲ページの先頭に戻る

鳳凰山 鳳凰山   

仕様

長さ:約21cm
重さ:23g
材質
扇面(地紙)地図用紙
骨(親骨、中骨)竹製

価格

価格:864円(税込)

提供

一般財団法人 日本地図センター

商品リスト

地図扇子(槍ヶ岳)

864円(税込)

数量

地図扇子(穂高岳)

864円(税込)

数量

地図扇子(八ヶ岳西部)

864円(税込)

数量

地図扇子(八ヶ岳東部)

864円(税込)

数量

地図扇子(仙丈ヶ岳)

864円(税込)

数量

地図扇子(鳳凰山)

864円(税込)

数量

おすすめ関連商品

(書籍)

地図記号500

(地図関連商品)

マップMEMO