商圏分析"MieNaレポート"

Miena カートに入れる

<お知らせ>

2016/10/25
MieNaレポートの更新版の提供を開始しました。
主な変更点は次のとおりです。
  • 人口データを住民基本台帳による人口(2015年)に更新しました。
  • 所得、貯蓄、消費購買力等の推計データを新年版に更新しました。
詳しくは、以下に続く「商品サンプル」などでご確認下さい。

製品概要

"あなたのまち、あの街この町 まるわかりっ!!"

商圏分析"MieNaレポート"(ミナレポ)とは・・・
株式会社 日本統計センターが誇る評価分析サービス「市場情報評価ナビMieNa(Market Information Evaluate Navi)」の妹のような存在で、MieNaで作成された人口・世帯・世代別人口・世帯構成員別などの市場情報を町丁別に500m圏、1km圏、3km圏内で 集約し、市区町村平均と水準評価を行ったレポートです。
従来では多額な経費を必要としていた分析レポート作成業務をコスト面・労力面から開放し、わかりやすいレポート形式でのお届けを可能にしました。
今までにない"報告書を作成することが目的ではなく、分析業務に専念できる"画期的な"MieNaレポート"。
是非ご利用頂き、その真価をご確認下さい。

ミナレポ=商圏分析"MieNaレポート"のここがスゴイ!

●わかりやすいレポート形式!
町丁ごとの500m圏、1km圏、3km圏内のエリアマーケット分析をレポート形式でお届けします!
●レポート作成の手間いらず!
GISとは違い、分析の設計やレポート作成の手間を掛けることなく町の様子を分析できます!
●簡単に比較ができる!
さらに、市区町村平均との比較もされているので、相対的な評価がわかります!
●必要な部分だけデータが取れる!
GISで分析すると大規模な投資が必要でしたが、ミナレポでは必要な町丁だけ選べますので、非常に優れたコストパフォーマンスを誇ります!
商品サンプル

半径500m圏         半径1km圏         半径3km圏         当該市区町村

●製品版の無償公開のお知らせ
東京都世田谷区、大阪府豊中市の一部地域について、製品版の無償公開を行っています。
この機会にご利用いただき、製品をお確かめください。

<サポート資料もユニーク>

ミナレポは、分析をより身近に感じて頂けるように、サポート資料も充実しています。
サポート資料のひとつ、「個人商店編」はレポートの読み解き例として、個人商店を営む親子の対話形式で進んでいき問題解決の糸口を探していくお話になっています。

ちょっとだけ中身をのぞいてみましょう・・・

Miena
Miena


わかるところから順番に! Miena

MienaMienaこの「居住者マーケットとしての評価」ってのがそれだね。総合Aってことは市場としては良いってことだね。

MienaMienaそういうことだ。その下を見てみろ。「居住者の年代構成」ってところだ。

Miena年代別の割合だね。年齢層高いなあ・・・

MienaMienaまあ高齢化の問題もあって、どこでもそれは同じかもしれない。ただ、この店の立地が市街地であることと、「マーケット水準評価」をあわせてみるとよりわかりやすいかもしれないな。

Miena人口総数のところだね。比率ではなくて、こっちは実数なんだね。50代人口までが「+」、60代以降が「++」になっている。

Miena

MienaMiena次の「マーケット特性評価」では比率での水準判定が記載されている。比率でいうと、やはり20歳代までは平均を下回るほど比率は低いようだな。

Miena若者向けの商品構成があたらなかった訳か・・・。

Miena商品が悪いわけではないと思うがな。やっぱり、買う人と商品が一致しないとなかなか商売はうまくいかないってことかな。

くわしくはこちら

<また、こんなお悩み、ありませんか?>

どこに出店すればいいの?
ミナレポでは、半径500m圏、1km圏、3km圏内の人口・世帯・事業所数消費者支出・購買力のデータも収録しています。 さらに人口伸び率、事業所数伸び率のマップも収録していますので、候補地域が伸びている地域なのかどうかを分析することもできます。 出店候補地に不安をお持ちのとき、ミナレポはあなたの判断を手助けします。
競合店舗との立地環境の違いは?
ミナレポでは、年代構成消費者支出・購買力のデータも収録しています。その地域に住んでいる人達の年代的な側面、購買力から見た好みを分析することが簡単にできます。 市区町村平均との水準比較で評価されていますので、自店と競合店で比較することに加え、平均と比べてどうなのか、という分析までできます。
店舗周辺にはどんな人が住んでいるの?
ミナレポでは、年代別人口業種別事業所数、さらに世帯人員構成別データ就業状況別データも収録しています。 また、富裕層を分析可能な年収700万円以上就業者数1千万円以上貯蓄高世帯数までも収録されています。 地域にどんな人が住んでいるのか、さまざまな角度から分析できます。
お客さまはどこにいるの?
ミナレポでは、半径500m圏、1km圏、3km圏内の全6種類の分布マップも収録しています。
マップには人口総数分布マップ事業所数分布マップなどがあり、どの地域に人口が集まっているのか、事業所が多いのかが視覚的にわかります。 ミナレポでは数字ばかりのデータだけでなく、視覚的に、簡単に分析できます。

サポート資料

数字ばかりで読み方がわからない。分析とは何かがよくわからない。
そんな場合でも、マニュアルとわかりやすい使用例が用意されていますのでご安心下さい。

読み方説明(クリックするとPDFが開きます。)
個人マーケット
法人マーケット
半径1km圏

読み解き編(クリックするとPDFが開きます。)
個人商店編法人営業編

提供地域

全国

使用許諾の確認

お客様が本使用許諾契約に含まれるすべての条項に同意する場合のみ、本製品の使用を許諾します。
こちらの使用許諾契約をお読みください。

仕様

(クリックするとPDFが開きます。)

仕様書 出典 注意事項

"MieNaレポート"はPDFファイルでのご提供となります。
ファイルを開くためにはアドビ社「Adobe Acrobat Reader」等のソフトウェアが必要になります。

”MieNa”レポートに収録する町丁データは、別途提供しています
NSCデータベースを使用して加工編集したデータです。

価格

1町丁 (半径500m圏レポート+半径1km圏レポート+半径3km圏レポート+当該市区町村レポート)=21,600円(税込)

この商品はメーカーからの取り寄せ商品により納品まで3営業日かかります。

カートに入れる

提供

株式会社 日本統計センター

おすすめ関連商品

NSCデータベース
(統計データ)
NSCデータベース

「人口・世帯数」データ2015年版
(統計データ)
「人口・世帯数」データ 2015年版

『暮らしやすさ』評価スコア
(統計データ)
『暮らしやすさ』評価スコア

平成12年国勢調査
(統計データ)
平成12年国勢調査

キーワード検索

この大カテゴリ内のナビゲーション


この大カテゴリ内のナビゲーション

出品者募集

この大カテゴリ内のナビゲーション


地図センターその他のコンテンツ

一般財団法人日本地図センターホームページ

(一財)日本地図センターは地図の普及販売の為に様々な活動を行っております。


カートを見る

レジに進む


代金前金制について

法人様向請求書払い