JMC 50mメッシュ(標高)

2万5千分1地形図の等高線(精度レベル25000)から求めた標高データです。約50mメッシュの精度(南北方向1.5秒、東西方向2.25秒)となり、県や地方など比較的広域の用途に最適です。鳥瞰図や3次元CGの作成に使用します。

特徴

国土地理院「数値地図50mメッシュ(標高)」に準拠した標高データ

国土地理院が提供する「基盤地図情報(数値標高モデル)10mメッシュ」を基として、国土地理院の「数値地図50m メッシュ(標高)」と同等のデータとしたものです。
標準地域メッシュ(2 次メッシュ)を経度方向および緯度方向に、それぞれ200等分して得られる各区画(1/20細分メッシュ、2万5千分1 地形図上で約2弌潴2弌砲涼羶瓦良弦發記録されています。標高の間隔は緯度(南北)方向で1.5秒、経度方向で2.25秒となり、実距離で約50m×約50mとなります。
従来のMEM形式の他、GISで利用可能なGeoTIFF形式と、基盤地図情報(縮尺レベル25000の水涯線および海岸線)から生成した水部のポリゴンデータを収録しました。

標高データの利用

MEM形式を利用可能な市販ソフト、オンラインソフトウェア(カシミール3D等)が多くあり、鳥瞰図・展望図等の3DCGの作成、地形の断面図の作成等に多く利用されています。
また地図解析で用いられるGISソフトウェア(QGIS等)では、地形解析や各種シミュレーション用途といった応用的な利用も可能です。

収録内容

標高データ
 MEM形式(国土地理院「数値地図50mメッシュ(標高)」に準拠、カシミール3D等で利用可能)
 GeoTIFF形式(各種GISアプリケーションで利用可能)
水部ポリゴンデータ
 ESRI Shapefile形式(各種GISアプリケーションで利用可能)

※他の地図要素(道路や鉄道、行政界など)は含まれておりません。

標準地域メッシュ(2次メッシュ)単位
世界測地系

価格

CD-R : 各7,714円(税込)
全国3枚
※受注生産となります。

地図から商品を選択

index
index 日本1 日本2 日本3

おすすめ関連商品

(デジタルデータ)

数値地図5mメッシュ(標高)