数値地図250mメッシュ(標高)

※本製品は、刊行より日数が経っております。ご購入の際には、刊行年月日や添付ソフトの動作環境にご注意ください。

2万5千分1地形図の等高線から求めた標高データです。全国を整備しています。CD-ROMには、約250mメッシュの精度(南北方向7.5秒、東西方向11.25秒)の標高データに加え、約1kmメッシュの精度(南北方向30秒、東西方向45秒)の標高データが同封されます。鳥瞰図や3次元CGの作成に適したデータです。

カートに入れる


数値地図250mメッシュ(標高)

特徴

2万5千分1地形図の等高線から求めた標高データ

数値地図250mメッシュ(標高)は、2万5千分1地形図の等高線から計測・計算し求めた数値標高モデル(DEM)です。収録されているデータは標高のみで、道路や行政界といったその他の地図要素は含まれません。
2次メッシュ(2万5千分1地形図の区画)を経度方向及び緯度方向に40等分して得られる格子(地図上約1cm四方)の中心点の標高値を記録しています。標高点の間隔は南北方向で7.5秒、東西方向で11.25秒となり、実距離で約250mとなります。
標高値は5桁の数値で記録(標高1000mであれば「10000」)されていますが、1桁目(0.1mの位)は0で切り捨てられており、最小単位は「m」となります。また、海部には「-9999」というコードが振られています。
数値地図50mメッシュ(標高)に比べ精度は粗くなりますが、データ量が少ないため、広範囲における利用に向いています。

標高データの利用

数値地図250m(標高)を利用可能な市販ソフト、オンラインのフリーソフト等が多く出回っており、鳥瞰図・展望図等の3DCGの作成、地形の断面図の作成等に多く利用されています。
また、専用のソフトウェアを用意することにより、電波解析・車の燃費計算・カーナビゲーション・フライトシミュレーション等の応用的な利用も可能です。

添付ソフト

主な機能 複数のメッシュデータの読み込み、印刷、地図の拡大・縮小、マウスの指定で、日本測地系及び世界測地系における緯度経度の表示、指定区間の距離計測、面積計測
動作環境
OS Windows95/98/NT4.0/2000/XP
メモリ 64MB以上推奨
CPU Pentium200MHz以上推奨

刊行年月日

  • 平成9年7月1日

価格

CD-ROM : 各7,714円(税込)
全国1枚
※このCD-ROMには数値地図1kmメッシュ(標高)・数値地図1kmメッシュ(平均標高)が含まれます。

カートに入れる

おすすめ関連商品

SuperMapシリーズ
(ソフトウェア)
SuperMapシリーズ

PC-Mapping Ver6
(ソフトウェア)
PC-Mapping Ver6

AutoCADダイレクト数値地図コンバータ
(ソフトウェア)
AutoCADダイレクト数値地図コンバータ

キーワード検索

この大カテゴリ内のナビゲーション


この大カテゴリ内のナビゲーション

出品者募集

この大カテゴリ内のナビゲーション


地図センターその他のコンテンツ

一般財団法人日本地図センターホームページ

(一財)日本地図センターは地図の普及販売の為に様々な活動を行っております。


カートを見る

レジに進む


代金前金制について

法人様向請求書払い