数値地図25000(土地条件)

「数値地図25000(土地条件)」刊行の一時停止について(10月19日)はこちらをご覧ください。

数値地図25000(土地条件)(以下,「データ」といいます)は,防災対策や土地利用・土地保全・地域開発等の計画策定に必要な,土地の自然条件等に関する基礎資料を提供する目的で, 昭和30年代から実施している土地条件調査の成果を基に,主に地形分類(山地・丘陵,台地・段丘,低地,水部,人工地形など)についてベクタ形式でデータ化した製品です。

※ この製品は受注生産となります。

カートに入れる


数値地図25000(土地条件)

特徴

データは、整備期間により、範囲1〜3に分かれます。


データの形式 ファイル単位 備考
範囲1 JPGIS2.1 世界測地系の標準地域メッシュ 昭和38年から平成7年に整備されたデータ
昭和48年から平成9年に整備された「沿岸海域土地条件図」の陸域データ
範囲2 JPGIS2.1 世界測地系の標準地域メッシュ 平成8年から平成25年に整備されたデータ
範囲3 JPGIS2.1 世界測地系の標準地域メッシュ 平成22年から平成24年に範囲1の一部について人工地形を更新したデータ

本CD-ROMには、添付ソフトおよび背景画像は添付されません。「土地条件図」として表示するためには、GIS等のソフトウェアおよび地図データをご用意頂く必要があります。プロ向けの製品ですので、ご注意ください。

土地条件図の閲覧のみを目的とされる場合は、国土地理院の閲覧サービスをご利用ください。

なお、国土地理院Webサイトにて、Shape形式への変換ツールを提供しております。
土地条件図数値データ変換ツール(国土地理院、ページ下部に変換ツールがあります)

※土地条件図数値データ変換ツールは、数値地図25000(土地条件)全国(2013平成25年版、2012平成24年版)及びオンライン刊行のGML形式のファイルをシェープファイル(ESRI Shapefile)に変換する機能を有しています。 (平成22年23年版は、「範囲2」及び「範囲3」のみ変換できます。)

情報


キーワード検索

この大カテゴリ内のナビゲーション


この大カテゴリ内のナビゲーション

出品者募集

この大カテゴリ内のナビゲーション


地図センターその他のコンテンツ

一般財団法人日本地図センターホームページ

(一財)日本地図センターは地図の普及販売の為に様々な活動を行っております。


カートを見る

レジに進む


代金前金制について

法人様向請求書払い