SuperBaseMap Contour2 2m等高線データ(日本全国)

基盤地図情報10mメッシュ(標高)をもとに、日本全国デジタル標高モデルを構成し、シームレスに2m間隔で等高線を論理的に生成させたデータです。

※本製品は受注生産のため、ご注文後発送までに3〜5営業日程度かかります。
※本製品はメディアでの発送となります。ダウンロード提供はしておりません。

商品概要

国土地理院が提供する基盤地図情報10mメッシュ(標高)をもとに、日本全国デジタル標高モデルを構成し、シームレスに2m間隔で等高線を論理的に生成させたもので、電子基準点、数値地図25000(地図画像)の「10m等高線」や山脈・河川・湖沼などとも照合し、高い精度を持ったものです。
世界測地系緯度経度座標を持った同データは、等高線の属性フィールドに標高地が付与されています。単独利用だけではなく、他の空間情報(GISデータ)や設計情報(CADデータ)とも容易に重ね合わせて利用価値を高めることもできます。

範囲は 全国 または 都道府県単位 です。
座標系はJGD2000(緯度経度座標系)です。
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報を使用しました。(承認番号 平23情使、第488号)
※内容は、2017年8月現在のものです。記載された内容は予告なく変更することがあります。

利用例

富士山頂付近を一定の 標高間隔で色分け表示(SuperMapの個別値主題図で作成)
標高値に基づき色分けすることで、火口の窪みの様子が再現されています。図中西側では、侵食すすむ「大沢崩れ」の形状が現されています。

原宿〜渋谷の渋谷川(暗渠)周辺の地形(背景は基盤地図情報2500)
現在はコンクリートで覆われ暗渠になっている渋谷川ですが、2m等高線を被せると「谷」が刻まれていることがはっきりと分かります。

『SuperBaseMap Contour2』

使用許諾の確認

お客様が本使用許諾契約に含まれるすべての条項に同意する場合のみ、本製品の使用を許諾します。こちらの使用許諾契約をお読みください。

価格(税抜き)

Shape形式の場合

価格 1ユーザー 複数ユーザー
全国 ¥900,000 ¥1,800,000
都道府県 ¥285,000 ¥570,000

SuperMap形式(SDB)の場合

価格 1ユーザー 複数ユーザー
全国 ¥300,000 ¥600,000
都道府県 ¥95,000 ¥190,000

「複数ユーザー」は、同一事業所に限ります。
紙に印刷する場合の複製代は不要です。
Web利用の際は、利用目的などに応じて別途お見積りいたします。

商品リスト

提供

日本スーパーマップ株式会社